空き家の再活用

空き家の再活用について

近年、全国的に空き家が急増していることから、社会問題となっています。
松本市でも8,000件の空き家があり、問題になっているのをご存知ですか?
平成25年(2013年)に実施した住宅・土地統計調査において、松本市の空き家の数値は長野県平均よりは低いものの、全国平均よりも高いという結果が出ました。
また、空き家総数から別荘・賃貸などを除いた、その他住宅の空き家は5年前よりも増加していることから、今後もさらに増加することが予想されます。

空き家グラフ

利活用されず、適切な管理が行われていない空き家は、安全性の低下はもちろん、公衆衛生の悪化、景観阻害などの問題を生じさせ、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼします。そのため、松本市では空き家について、適切な管理や発生させにくい環境づくり、利活用の促進を図るため「松本市空家等対策計画」を策定しました。
ホームページなどにより情報提供や専門家と連携した相談体制を構築することで空き家の発生を予防するのはもちろん、空き家を地域の活性化に資する交流施設などの住居以外の用途にも活用できる仕組みを検討したりなど、様々な施策を定めています。
こういった基本的な取組姿勢や方針を市民に示すことで、空き家対策を総合的かつ計画的に推進していくのが目的です。

空き家

「遠方に住んでいて管理できない」「活用方法がわからない」「手放すのはもったいない」など、空き家となっている理由は人それぞれです。
しかしどのような理由であれ、使用しないまま長期間空き家を放置しておくのはおすすめできません。なぜなら、人が住んでいない、管理していない家でも、毎年固定資産税や都市計画税などの維持コストは発生しているからです。

都市部など、立地がよい場所であれば、賃貸にまわして家賃収入を得られる場合があります。また、非課税枠を使えば売却するのも選択肢になるでしょう。
中には、たとえ賃貸に出したとしても採算が取れるのかわからないから不安という方もいらっしゃるでしょう。確かに賃貸に出すためには改修費がかかり、物件の状態によって大幅なコストがかかる場合があります。
しかし、それでも条件によって採算は十分に見込めるでしょう。空き家をお持ちで活用方法にお悩みの方は、まずは信頼できる不動産会社に相談してみることをおすすめします。

家族イラスト

contact-banner
 
PAGE TOP