仲介・買取・流れ

仲介と買取の違い

仲介とは

仲介とは、不動産会社に売却を依頼し、一般市場で買主を探す方法です。時間をかけて売却を行うため、場合によっては「売れ残り感」が出てしまうことがあるというデメリットはあるものの、相場どおりまたは相場よりも高い価格で売却することが可能です。
また、見学に訪れた方々から様々な意見や感想を聞くことができ、自分の物件が他の物件に比べてどう見えているのか知ることができます。その意見を販売活動に反映させることで、売却をスムーズに進めることができるでしょう。
じっくり納得のいく価格で売却活動を行う仲介では、住み替えまでのスケジュールをゆっくりと考えることも可能です。引っ越しのスケジュールや案内状の発送など、ゆとりを持って取り組むことができるため、時間に余裕がある方におすすめです。

仲介

買取とは

買取とは、不動産会社が買主となる売却方法です。販売・広告活動を行う必要がないため周囲に知られることなく売却できるのはもちろん、査定から現金化までの流れがスピーディに行えるのが最大のメリットです。話がまとまればすぐに確実に売却できるため、契約が白紙になるような心配はありません。急な転勤や相続などで、時間をかけずに急いで物件を売却したいという方におすすめです。
他にも仲介とは異なる点として、第三者に家の中を見られることがないという点があります。不動産会社が買主となるため、不特定多数の人に部屋の中を見られる心配がなく、時間的拘束もないため安心です。
また、買取後は不動産会社でリフォームを行うため、「契約不適合責任」が免責となります。そのぶん相場よりも安い価格での売却となってしまいますが、売却後にトラブルになることもありません。仲介手数料も発生しないため、費用を抑えた売却が可能です。
売主様のご都合に合わせたスケジュールで売却を進められるため、引っ越し日に合わせて物件を引き渡すことができます。

査定から売却までの流れ

  • STEP.01売却相談
    まずは、お気軽にご相談ください。所有不動産の相場や住宅ローン残債の有無など、売主様の状況についてお話をお聞きいたします。ヒアリング内容をもとに、売却にかかる費用や売却方法などについてアドバイスさせていただきます。
  • STEP.02査定・物件の確認・調査
    所有不動産の状態や権利関係の確認など、様々な角度から調査を行い、周辺の成約事例・売出事例、市場の動向やエリア特性などを考慮して査定価格を算出いたします。
  • STEP.03媒介契約の締結
    査定を参考に、売主様と相談しながら売出価格を決定いたします。売却活動の内容についても確認し、ご納得いただけたら媒介契約を締結いたします。
  • STEP.04売却活動の準備
    購入検討者によい印象を持ってもらうため、掃除をするなどして物件の魅力を引き出します。
    売却活動が始まると週末を中心に購入検討者が内見に来るようになるため、事前に準備しておきましょう。
  • STEP.05売却活動開始
    ネットへの掲載や紙媒体での情報発信などを通して、売却活動を行います。お問い合わせがあれば、実際に物件を見学してもらいます。
  • STEP.06売買契約の締結
    購入希望者から「購入申込書」を受領し、価格や引渡しなどの条件について調整を行います。売主様と買主様間で合意に至れば、売買契約を締結いたします。
  • STEP.07売買契約後の手続き
    引渡し当日までに既存ローンの完済手続きや抵当権を抹消する手続き、残代金の受領日までに公共料金の精算や引っ越しなどを済ませます。
  • STEP.08残代金決済・引渡し
    契約時に定めた内容で物件の引渡しを行います。残代金の受領と同時に物件(鍵)の引渡しを行い、売却手続きは完了です。

contact-banner
PAGE TOP